歯医者さんの道具

妊婦さんも安心

沢山の歯科医

妊娠が原因により食生活が変化するため、虫歯になりやすくなります。しかし、妊婦さんは胎内にいる赤ちゃんの健康を考慮して治療方法が限られてしまいます。そのため、歯医者に通う際は妊娠していることを事前に伝えておく必要があります。さらに、つわりがひどい時期は歯科に通うことが難しいため、安定期に入り体調が改善された頃に歯科に通うことも大切です。また、妊娠中は唾液の量が減るため、口の中の酸性度が高くなる傾向があります。そのことが原因で虫歯になりやすくなるため、定期的に歯科で診てもらう必要があります。千葉県にある野田市にはそういった妊婦さんを対象にした歯科があるので、妊娠中のケアの方法を指導してもらえ、さらに適切な治療を施してもらうことができます。

妊娠中、女性の身体は女性ホルモンが増加します。そのため、胸が大きくなるなどの身体に影響が出ます。また、影響が出るのは胸など妊娠に直接関係する部分だけではなく歯にも影響を与えます。女性ホルモンが増加すると歯肉が腫れやすくなり、歯周炎を起こしやすくなります。妊娠時になる歯周炎のことを「妊娠性歯周炎」といいます。野田市の歯科では、この妊娠性歯周炎を効率よく改善してくれるので、薬の投与や治療が難しい妊婦でも安心して改善することができます。また、妊娠中妊婦の健康状態が胎児に影響するため、元気な子どもを産むためにも健康状態にはしっかりと気を使いましょう。口内に関することで不安がある人は、野田市にある歯科で相談に乗ってもらうと適切です。野田市にはそういった相談を引き受けてくれる歯科が多くあるので、妊娠中から幼児の虫歯ケアまでさまざまなことを相談することが可能です。